月例研究会 of 東京がん化学療法研究会

「東京がん化学療法研究会 月例会」開催リスト(440回まで)

  1. 第1回(1972年3月15日)~第100回(1982年6月15日)LinkIconリスト1
  2. 第101回(1982年7月20日)~第200回(1993年4月20日)LinkIconリスト2
  3. 第201回(1993年5月18日)~第300回(2004年3月16日)LinkIconリスト3
  4. 第301回(2004年4月20日)~第400回(2014年9月16日)LinkIconリスト4
  5. 第401回(2014年10月21日)~第440回(2018年9月18日)LinkIconリスト5

※TCOG内に残されていた資料、情報から、可能な限り作成致しました。残念ながら、特に古い時代の情報は多くが欠落しております。
※固有名詞等、正しい情報が判明したものは補いましたが、不確実なものは残されていた情報そのまま(不完全なまま)掲載しました。
※残されていた資料より、明らかな誤字等は修正しました。また会員の個人情報等は削除し掲載しました。

以上、資料的価値を鑑み、掲載致しました。正しい情報をお持ちの方、誤りにお気づきの方等、情報をお寄せ頂ければ修正させていただきます。

月例研究会はTCOG会員でなくとも聴講可能です。ご興味のある方は会場までお越し下さい。
事前申込等も不要です。
開始時刻は、18時30分です。
2018年10月16日(火) 18:30より
東京八重洲ホール 301会議室東京都中央区日本橋3-4-13新第一ビル八重洲ホールLinkIcon



話題提供(18:30~)
東 瑞智 先生北里大学病院 消化器内科講師
『最新の胃癌化学療法について』
『切除不能進行胃癌の化学療法は、従来の殺細胞性抗癌剤に加えてここ数年の分子標的薬剤と免疫チェックポイント阻害剤の登場により生存期間の延長に寄与している。今回胃癌治療ガイドライン第5版改訂にあたり、1次治療から3次治療までのレジメンが明記された。胃癌化学療法について最新の知見を交えて講演する。』
招待講演(19:00~)
長沼 篤 先生国立病院機構高崎総合医療センター 消化器内科部長・臨床研究管理室長
『がん薬物療法における栄養管理』
『現在サルコペニアが注目されていますが、骨格筋量の低下は、近年様々な癌腫のがん薬物療法において予後不良因子であると報告されています。今回当院でがん薬物療法を行った消化器がんにおける骨格筋量の減少と予後との関連について概説します。また分子標的治療薬の副作用マネジメントに対する栄養サポートの取り組みについても講演させていただく予定です。』